あなたが物販を1秒でも早く辞めた方がいい理由【在庫ありビジネスの欠点】

どり・転売で稼ぎたい、人または

興味がある人に向けてこの記事を作成しました。

 

ブログ名から分かる通り、

僕は「在庫ありビジネス」を

全く推奨していません。

 

もちろんあなたが「物販」に心から興味があって、

そこにお金以上の何かを見いだせるのでしたら、

そのままでいいと思いますし、

最終的に言えるのは”人それぞれ”かもしれません。

 

ただ「現金を稼ぐ」という事に第一に考えた場合は、

物販系ビジネスはどうしてもオススメできないんです。

 

あなたが「まずは稼ぐ」という事で

このネットビジネスに参入したのでしたら、

僕は一貫してあなたにアフィリエイトをオススメします。

(僕が推奨するアフィリエイト手法の詳細はコチラ)

 

僕が在庫ありビジネスを嫌悪する理由

 

理由は単純明快で、あなたが仮に「物販系」で稼げたとしても、

 

==================

基本、薄利多売なので商品が増える

必然的に商品管理に費やす時間が増える

自由な時間が無くなる

==================

 

という最終的に「商品」に束縛される

ライフスタイルが待っているからです。

 

あとは扱う商品が「カタチある物」なので、

どうしても「配送」や「クレーム」なども付きまといます。

 

「物」を薄利多売で自分で在庫を持って扱う時点でどうしても

こういった問題や失敗はビジネスモデル上、避けられません。

 

落石注意の警告と同じで、知っているけど解決できない、

という感じです。

 

2014年に僕が転売を辞めた最大の理由

 

実は僕も昔に中国輸入転売を行なっていました。

 

 

amazontenbai tenbaiamazon

(当時19歳の僕が売り上げてきた実際の画像)

 

 

これは当時アマゾンのアカウントを2つ持っていて

一ヶ月で売り上げた総額になります。

(アマゾン以外にも売っていましたが、画像を無くしました)

 

当時19歳でサラリーマンでしたが、なんやかんやで

月商100万円近い金額までは稼げていました。

 

「月商100万円ってすごいですー!!」

 

と未経験者の方は思うかもしれませんが、

実は僕の全然手元に利益はほとんど残っていませんでした。

 

つまり売上だけ立派に上がっていて、

商品や在庫の管理をして時間も

それ相応に使っていたが、

手元の最終貯金額はほぼ皆無な状態だったんです。

 

「利益率30%」とかよく聞きますが、

実際は海外送料、アマゾン手数料、リサーチ外注費や国税などで

「8〜15%」あれば良いほうだったと思います。

 

しかも仕入れた商品が全部売れるわけではないので、

結果として手元に残っていたのは

「月商100万円」で「月利9万円」程度でした。

 

「それは山口さんの仕入れが

下手だったんじゃないですか?」

 

という考えも当然あるかと思いますし、全くその通りなのですが、

このままリサーチ力を上げていっても上記に書いたとおり、

当時19歳の僕がサラリーマンをやりながら、

 

・在庫を持ち、管理しつつ

・お客さんのクレームに対応しつつ

(中国輸入なので品質が良くないものもある)

・毎回リサーチ外注費

・労力の割に利益率の低さ

 

を考えると長続きしないなと思ったので、

辛くて辞める事を決意しました。

 

shutterstock_286851107

(お手上げ状態…)

 

当時そこまで論理立てた理由を込みで

僕が完璧な計画有りきで物販を辞めたか?と言われると

正直なことを言うとそういう訳ではなく、

 

「自分の興味が無い商品に振り回される」

 

「日中の仕事中にもお客さんの

クレーム対応で相当なストレスがあった」

 

「薄利多売で大量の商品を扱うので、

仕入れで失敗をして自宅に商品が郵送されかなり邪魔だった」

 

「自分の手を止めると収入がほぼストップする、

サラリーマンに近い労働収入が苦痛だった」

 

「想像以上に手元にお金が残らない」

 

という感情的な理由で気力がバテていました。

 

ですが、

 

これでも一応30万円の輸入転売の

高額塾に入って物販を学んでいたので、

転売を辞めるのは結構躊躇(ちゅうちょ)していました。

 

ただ、実際に転売をやってみれば分かるのですが、

 

「月商=利益では決して無い」

 

という事はよく理解していました。

 

フタを開けると僕みたいに月商7桁以上稼いでいる人も

利益にすれば高卒サラリーマンと同じ金額しか稼げなかったり。

 

本当に自分の利益に自信があるのなら、

「月利」で語ってもよいはず、と思っていました。

 

月商◯◯万円!というのももちろん素晴らしいのですが、

ビジネスでは絶対に見逃せない「利益」はまた別なんですよね。

 

ヅラをつけている政治家と同じで、

何かを隠しながら偉そうな話しを

されてもピンとこないんです。

 

だから僕は「月商」で語られてもいまいちピンときません。

本当に誇れる実績なら「利益」でお話ししてほしいです。

 

で、実際にその輸入塾の講師の方々に話しを聞いてみると

「今は物販業よりも情報発信に力を入れている」

とのことでした。

 

なので僕は利益率がほぼ100%に近く、

作業をやればやるほど実労働時間が減っていくと聞いて

「アフィリエイト」を少しずつ開始しました。

 

でもどうやってアフィリエイトで稼ぐの?

 

という疑問が当時19歳の僕の中にありました。

 

なので、

 

まずはとりあえず僕がやってきた「輸入ビジネス塾」を

Facebookを通じて直接営業でアフィリエイトすることに挑戦しました。

 

まずは1対1の対面セールスを練習して、

アフィリエイトの基礎練習をしようと思ったんです。

 

 

で、

 

その結果、当時は19歳でサラリーマンをしていたのですが、

2ヶ月目には1日1時間くらいの営業で

約33万円を純利益で生み出せました。

 

image1 (1)

(当時使っていたインフォカートの実際の画像)

 

物販であれだけ頑張っても月に10万円利益をだすのが

精一杯だったのですが、アフィリエイトで軍資金ゼロから

2ヶ月で純利益を30万円以上稼げたのが

僕の初めての成功体験だったことを今でも覚えています。

 

Facebookのアカウントを作って、スカイプで営業をしただけなので、

本当に軍資金ゼロ円の状態から稼げたことになります。

 

ですが、これは長期的で継続的な

利益ではないことはわかっていました。

 

死ぬまで営業→アフィリエイト報酬を得る、

なんて気は当時から毛頭ありませんした。

僕は「お金」と「自由」の2つ両方が欲しかったんです。

 

そこで短期的な収入を得た僕は継続的に「お金」と「自由な時間」の

両方が欲しかったので、直接インフォ系の有名人に100万円の

コンサルを一括払いで入ることにしました。

 

image2

(車を買う予定だったお金を一括投資…!) 

 

で、

 

そこから紆余曲折あって、僕は毎月7桁の収入を

得ることができるようになりました。

(僕が月利7桁稼げている秘訣はコチラ)

 

もし、あの時僕が転売にこだわって作業を続けていたら、

今も月収10〜20万円のサラリーマンだったと思います。

 

これを読んでいるあなたが、

もし転売などのネットビジネスで

現状思うように収益がでないのなら

あなたにとって僕の発信は役に立つと確信しています。

 

僕のメルマガでは、

 

・僕が「1」の労力に関わらず青天井の収入を得られる仕組みの全貌

・メルマガ読者内での秘密の情報シェアリング

・軍資金ゼロから利益をだす手法

・「商品」に左右されない「あなた自身」のファンを構築するビジネス

・利益をだす事に特化した広告アフィリエイト手法

 

などを公開しています。

 

今、ネットビジネスで稼げなくて困っている

あなたの力になれる強い自信があります。

 

そして今日をきっかけにいつかあなたと僕で一緒に仕事や

旅行できたら最高に楽しいと思うんです。

 

あなたのメルマガ登録後のメッセージを

僕は心からお待ちしております。

 

山口の無料メルマガはコチラ

 

ちなみに僕がほったらかしで月利7桁稼ぎ続けている

”ある”アフィリエイトはコチラです。

何故山口はほったらかしで月に100万円も稼げているのか?

(Visited 2,752 times, 1 visits today)


会員限定サイト「0アフィ」の招待状 もし「年収1000万円以上」を稼ぐブログを合計「5つ」量産した山口が、
全くの「0」からアフィリエイトを開始するなら何をするのか。
【会員限定サイト「0アフィ」(※全て無料)でその全てを暴露中!】
↓↓↓

よく読まれている記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ